オールインワンゲル豆知識

春の肌環境にぴったりなオールインワンゲルは?

投稿日:

春になると冬の乾燥が和らぎ、湿度や温度は肌にとって比較的良い環境になります。
その反面、急激な環境変化やアレルギーにより、春特有の肌トラブルが起こります。

事項から、春に起こりがちな肌トラブルと、この季節にぴったりのオールインワンゲルをご紹介します。

 

春に起こりがちな肌トラブル一覧

花粉症による花粉症皮膚炎

春になると多くの人が悩む花粉症。花粉症は、鼻水、くしゃみ、涙だけではなく、「花粉症皮膚炎」と呼ばれる肌トラブルに悩まされる女性が多くいます。

花粉症皮膚炎とは、目をこすったり鼻を一日中かんだりというような摩擦で起こり、顔全体がかゆい、顔が腫れぼったい、肌が乾燥して粉っぽくなる、マスクが肌と擦れる部分がヒリヒリするなどがあります。
もし、メイクもヒリヒリするくらいに荒れてしまったら皮膚科の受診をおすすめします。

紫外線の増加によるくすみ等

紫外線というと、真夏のイメージですが、実は4月から急激にあがり、お肌の奥に届き、たるみ、老化の原因になるUVAは5月がピークとなります。
お肌表面に作用し、日焼け、シミの原因になるUVBと違い、お肌の奥届き、真皮のコラーゲンやエラスチンを破壊するUVAを多く受けるとお肌全体のハリが低下したり、弾力の低下によるくすみが目立つ原因となります。

環境変化による様々なストレス

春は何かと生活環境が変わる時期。仕事や生活環境の変化によるストレスにより、ホルモンバランスの変化が起こり肌荒れや吹き出物などが出る場合もあります。
また、春になると体の新陳代謝が活発になり、ホルモンの分泌は自然と増加するので、この点も作用しやすいといわれています。

 

この季節にあうオールインワンゲルは?

花粉症による肌荒れに悩んでいる方は、お肌のバリア機能が低下している状態になっています。そんなときはバリア機能低下→より多くの外的刺激がダメージになる。と、いうこともあり、低刺激でバリア機能を補うオールインワンゲルを選びましょう。

・低刺激(アレルギー向け)成分
・お肌のバリア機能と同じセラミドを多く含む
・肌負担がないよう、少量でも保湿する

こんなオールインワンゲルを選ぶと良いかと思います。

春は上記の通り、お肌が荒れがちになりますの。気温や湿度的にはあまり厚塗りをしなくても乾燥を防げる時期でもあるので、肌の負担が数ないオールインワンゲルは非常におすすめの時期でもあります。

 

管理人おすすめのオールインワンゲル

春の肌荒れ対策におすすめしたいオールインワンゲルは以下の3つです。

-オールインワンゲル豆知識

Copyright© オールインワンゲル大辞典 , 2017 AllRights Reserved.