オールインワンゲル豆知識

夏に多い肌トラブルと選ぶべきオールインワンゲル

投稿日:

夏は意外とお肌が乾燥しがち!夏になると、気温や湿度の上昇に伴い、汗がいっぱい出るのでお肌は乾燥ではなくどちらかというとべとついた環境になるので、乾燥肌とは無縁と思いがちなのですが、
実は、肌表面がべとべとしているのに、お肌の中身はカラッカラな”インナードライ”状態になっているカモ?

夏に起こりがちな肌トラブルと対象法、オールインワンゲルの使い方などをご紹介します。

夏の肌トラブルに多い原因は?

夏で汗は出るのに乾燥・かゆみ・肌荒れ・吹き出物が出る人は、夏特有の以下の原因で乾燥が考えられるかもしれません。

エアコンや扇風機による乾燥
エアコン構造による空気の乾燥はよく知られることですが、エアコンの吹き出し口から近い部分にいる場合、当たる風の刺激でお肌の水分が失われて余計に乾燥する場合があります。
また、それと同じ理由で扇風機の風に近くであたりすぎるとお肌の水分が失われていきますので、吹き出し口付近でのあたりすぎには注意しましょう。

紫外線による乾燥
肌は表面に皮脂で出来たバリアがあります。これによって肌の水分を閉じ込めたり、外側からの刺激を緩和しているのです。 ところが紫外線に当たりすぎると肌のバリア機能が壊されてしまいます。
お肌のバリア機能が弱くなると潤いを保つ機能も低下し、お肌は乾燥してしまいます。

夏の期間、皮脂は出るのに肌不調となるのは多くがこの2点が原因の”インナードライ肌”にあると言われています。

 

インナードライ肌ってナニ?

皮脂が多く出ているような気がして、しっかり洗顔をしても、なぜか余計にテカッてきたり、ニキビが出来たり・・と、いう経験はありませんか? この状態がインナードライの代表的な状態です。
日本の環境は、温度も湿度も高いので比較的汗をかきやすく、潤っているように見えますが、お肌の中は非常に乾燥してしまうことが多々あります。

インナードライの見分け方

・洗顔後、15分ぐらいなにもしないとかさつく
・朝はそうでもないのに、昼頃からテカる
・化粧水、美容液が入りにくい
・洗顔後メイクをすると皮脂の分泌が多くなる

等の症状がある場合はインナードライ肌かもしれません。

夏の乾燥や肌トラブルを防ぐには?

夏特有のインナードライや肌の乾燥を防ぐには、紫外線対策とエアコンなどの空調対策をしっかりと行いましょう。
また、肌表面がベタついていても、紫外線やエアコンでお肌の内部は乾燥しがち。化粧水をたっぷりと使用してお肌の奥まで水分を与えてあげましょう。

日中乾燥したかな?と、思ったら。
化粧直しの際にミスト化粧水を軽く吹き付け、手で軽く押さえたり、しっかりと浸透させてから化粧直しましょう。

その際に注意したいのが、ミスト化粧水を日中吹き付けすぎると、表面の水分が蒸発するさいに、お肌の水分まで一緒に蒸発して、余計に乾燥しまいます。
また、アルコール入りなども同様です。オフィスなどの乾燥対策としては、なるべくアルコールフリーで潤い持続成分が入ったものを選びましょう。

オールインワンゲルの使い方

夏場の蒸し蒸しする時期に、ちょっとべたつきが気になる場合は、化粧水をたっぷりつけてからゲルを薄く伸ばして塗るのがポイントです。
特に保湿力が高い、こっくりとしたゲルなら調節しやすいと思います。

-オールインワンゲル豆知識

Copyright© オールインワンゲル大辞典 , 2017 AllRights Reserved.